FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80点のテスト、どう評価するか?

小学校に入ると、テストがつきもの。


これまでの保育園ではなかった経験が増えるわけです。



で、
なかなか100点はとりにくい。
100点はとってこない。


それは、経験上わかってますわよねー。


何か見落としてしまう。
ほぼわかっていても
何かうっかりしてしまう。



わかってる。わかってるけど
あまりの「うっかりミス」ってのが多い。

で、
私も「親」の目になってしまったので
ついつい
「何で80点なの?」
「どうしてもわからなくての間違いじゃないでしょ?」
間違いを指摘されればわかるのにバツなのは
 あなたのうっかりミスであって、ママは許容できん!」
とやってしまう。


でもね、最近それをやっていて
娘が返されたテストを私に渡すときの様子が
がっかりしていて、可愛そうになってきましたのよ。


せっかく100点のうちの80点はとってきたのに
たぶんママは喜んではくれない。
たぶん、また怒られる。
わかるのに間違えたミスなのは自分でもわかっている。
怒るよね?
という顔。



それを見たときに、
自分と重なったんだよね・・・・・
やっとそこで「子供目線」を取り戻せたっていうか・・・


100点のうち、80点もマルだったんだよね
8割だよ。
8割も正解できたんだよね。
そこは、まず褒めてあげないと。


彼女だって、間違えたいわけじゃない。
8割正解した部分を私はちゃんと見てなかった。
「何を間違えたのよ!!!」って
間違えた問題「だけ」にしか目がいってなかった。

正解した問題が8割もあって
どんなことを習っているのか
どんなことができるようになったのか。
それがたくさん詰まったテスト用紙なのに
私は、それを「見て」なかった。


娘の「できるようになったこと」に気付いて
それを褒めてなかったよ。



何度もおこっちゃったから
もうママにテストを見せるのは、
イヤになっているかもしれないけれど
ママとして、
私はそこんとこを変えていかなければいけない
と思ったのであった!!



間違えて欲しくはないのよ。
もちろんね。



でも、こんなにできるようになったと
褒める数がもっと増えるように
そのために、テストでは、
「できた問題」をちゃんと見て
できるようになったことを
娘と一緒に喜べるように、深呼吸してから
テストを見るようにしようと思うのです。


むふふ。

難しいなー。

娘にも『間違うなっ』って注意して
間違えないという大変なことを要求してるんだから
私もがんばらないといけませんわよね。




スポンサーサイト

家庭訪問

金曜日は家庭訪問でした。


何の話になるのかと思っていましたが
終始、1人の子の問題の話でした・・・(苦笑)


今、出席番号順で座席が決まっているのですがお隣の席なんです。


お隣の席のお子さん、入学式のときから
独特の雰囲気だなとは思っていたのです。


それが登校初日から
かばんを蹴られたとか
ぶってきたとか
またかばんを蹴るとか
机を蹴るとか
ほぼ毎日のように続いていて
男の子では、そういう子もいるんだなぁ
ぐらいで、多少心配はするものの
流していたのですが

先週
長女が小指に湿布を巻いて帰ってきて
それを心配した学童の先生が電話をくださって
「学校で怪我をしてきたようなのですが
 学童では痛みはない、ということで・・・」
と。


学校からは何も連絡はなし、
連絡帳にも何のコメントもなし


なんじゃそりゃ
学校で起きた事故だろうに
と怒りはあるものの
それ以上に、
何でそんなことになったのか?
が疑問でした。


聞くと、その事故の前に
他のお友達とトラブルを起こしていて
それを先生に注意された直後に
給食で机をつけなさいという指示が先生から出て
その指示を守って机を動かした長女が気に食わなかくて
完全に八つ当たりで殴られたと。


それはおかしいでしょ。と

連絡帳にこちらも書いたわけですよ。

どうなっているのか?
そもそも、連絡もよこさないけど、この事故を知っているのか?
ウチの子に何か非があるのか?

返事で、
問題を立て続けて起こしている子であること
家庭訪問の際に話しますということが書かれていました。


で、
そんな経緯があっての家庭訪問だったので
その話で終始した感じです。


ウチの子に限らず
他のお子さんともトラブルを起こしていて
他の父兄からも連絡帳で問い合わせが行っているらしいこと
その中でも、そのお子さんはウチの長女にこだわっていて
かなり集中的に被害をこうむっていること
を聞きました。


気の毒に、娘よ。


席が隣であるために、被害も多いので
席を離してくれたそうなんですが、
それも気に食わないと問題のタネになっている
ということでした。

席替えは考えていないのか?と確認したら
連休明けには席替えをする予定とのこと。


といっても、席が替わったら
他のお子さんが被害者ってことでしょ?

そもそもの問題を解決しなければ
終わらないというのは、先生方も感じているらしく
「時間はかかると思います」
とおっしゃっていました。


まだ教師になって数年の
意欲的ないい先生なんですが
そこは疑っていないんですが
やはり、そういう生徒さんがクラスにいるということは
かなり心配です。


本当は、学校での娘の様子とか聞きたかったんですけどね。
ふぃーでした。

小学校ママの放射能関心状況

入学式の後に確認した
給食の牛乳の中止の件とケータイの件で
昨夜、担任の先生からお電話をいただきました。

で、江東区のイチ小学校ですが
わかってきた状況を記憶が新たなうちに覚書として
残しておきます。


まず
給食の牛乳の件。

(学校側から回答)
文部科学省が安全だとしている基準内のものであり
安全を前提に出しているものであると学校は考えている。

ただし、放射能を懸念してという親の気持ちは理解する。

なので、親が了解している(申し出ている)ことなので
牛乳の中止は了解する。

ただ、牛乳は提供されている?ものなので
その分の給食費の返還はできない。

代替の飲料の持ち込みについては
給食に汁物が無い日に限り持参可。
汁物がある日でも、飲み物はほしいと思うのだがと申し出たが
牛乳を中止と代替飲料の持ち込みを許可するということは
学校側としても「譲って」いることなので、と拒否された。
持ち込みは、水かお茶限定。

給食時間以外の飲用は禁止。

それ以外の飲料は、水道水に限定。



(私の感想)
まず、国の基準が安全であるという前提が
私個人とは違っているので、話し合いの前提から
かみ合っていない。
基準内のものである、という学校側の主張も
毎日の牛乳を検査しているわけでもないのに(月1回)
安全と言い切ることはできないと思っている私とは
根本が違っている。
しかも検査基準値は20Bq/Kgという高さでは
他の検査機関で発覚している5Bq程度の放射能
到底検出できないわけで、国の基準以内であればよいだけではなく
自分の子供がこれまで、これからどのくらい放射性物質をとっているか
という累積を把握することで、他にどのくらいの対応をするべきか
判断もできなくなるということは、国の基準値以内だから
という理由で認めないという主張なので
またまた、かみ合っていない。

たった20分程度、それも電話での会話なので
後から思えば、伝えておけばよかったことも多々あるが
伝え切れなかったこちらの落ち度もある。

家庭訪問もあるので
その辺のことは、おいおい少しずつでもお話ししていこうと思う。


ケータイについて
(学校の回答)

学校にケータイを持ち込むことは認めていない

学校にいれば、連絡がつく場所であり
安全責任は学校が担う。

学童もそれなりに責任をもって管理しているし
連絡がつく状況にある。

学校から学童の間も、パトロールの人間がいる。

だからケータイはいらない。


(私の感想)

そうはいってもね。
前回の震災レベルでも、学校に連絡なんかつかないじゃないの。
パトロールの人間がいたってさ、混乱状態でウチのコがどこに連れて行かれるかなんて、わかったもんじゃないわよ。

4年以内に70%の確立で直下型が起きるといわれているのに
それがわかっているのに、それじゃ不安だから
持たせたいっていってんじゃん!

2年生のママからこの学校はOKって聞いたんだけど
といってみたけど、そんなはずない、って言ってました・・・
実際持たせてるんだけどね。

名前だすわけにもいかないしね。


ケータイについては、もう感情論の粋なので
ま、仕方が無いし、学校側としても教育機関として
のプライドもあるだろうし、勉強以外のものの持込を
どこで線を引くかなどの管理の問題もあろうということは
想像できるので、確認した私がバカたった
という結論です。


給食はなー。

とりあえず、担任の顔は立てたから
校長先生と話し合うしかないのだろうな。

うーーーーむ。
気が重い。


ちなみに他の家庭の状況を聞いてみたら
牛乳拒否は我が家だけ。

放射能については、昨年の夏プールを止めていた子が一人いたが
途中から、再開したとのこと。

ひとりで止めさせたお母さんとお話ししたいものです。

世間の関心度を垣間見た思いです。


みんなさ、国を信用しすぎだと思うんだけど。
水俣病だって、アスベストだって、最初は国は安全、大丈夫って
言ってたんだよ。国はなんでもわかている訳ではないんだよ。
こんな低線量の被爆が続く影響なんて、
日本に限らず、世界中の誰もわかっていないんだよ。

でも、妊娠中、レントゲン撮れなかったよね。
レントゲン室にも付き添えなかったよね。

健康被害が顕在化しなくても、遺伝子レベルで
確実に影響はする、と専門家は言っているんだよ。

それがどのくらい続いたら健康被害が顕在化するか
わからないだけなんだよ。個人差があるだけなんだよ。

もう少し、関心もとうよ、って思う。
何百人もいて、たった一人?

気が重い。
プロフィール

moonstarnohaha

Author:moonstarnohaha
はじめまして。
月星の母と申します。
いつの間にか2児の母
フルタイム勤務。
ビール・たこわさ・コーンスナック好き。
ツイッターもやってます


月さん:11歳小6女子
    暴走魔ですけど超繊細。
    お笑い大好きのひょうきん者
    妹を守るしっかり
    優しい姉さんです。
    アトピーに加え
    猫アレルギー発覚!

星さん:9歳小3女子
    次女の特権 能天気楽天家
怒りん坊で気は強いけど
芯は弱く甘え坊
    キレのいい動きがたまりません

ダンナさん:3歳年下 元同僚

ママにおすすめ
広告
ウチの重宝アイテム
アマゾン リンク
応援、お願いします!
最新記事
ジャンル分類
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
お気に入りのサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
クリック募金に賛同しています
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。